« 資格試験 | トップページ | HPの運営費ってどのくらい? »

2007年10月 2日 (火)

ソフトウェアの脆弱性

 今、建物の耐震強度偽造が問題になっていますが、それに関連して構造計算に使われたソフトウェアに「脆弱性」があったと報道されています。 それ以前に、偽造の方法としては、1.0 以上の数値を入力すべき項目に、0.44 などの数値を入力して計算していたと報道されていました。
 計算の元になる項目はパラメータといって、どのような数値を入力するかによって当然計算結果が異なります。 建物の構造計算というのは、人命にかかわるものですから、適正でない数値が入力できてしまうというのは驚きです。 まして、市販ソフトであれば、だれがどのような操作をするか判らないのですから、発売前に入念なチェックを行います。 出荷されてしまうと、不具合が発見されたときに、ものすごい痛手を負う場合があるからです。
 人命に関わる市販ソフトにおいて、不適切な数値を入力エラーとしなかった理由は何か。 それをソフトの不具合としてチェックできなかったのはなぜか。
 ソフトウェア技術者にも技術者倫理というものがあるでしょう。

|

« 資格試験 | トップページ | HPの運営費ってどのくらい? »

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223772/16638314

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウェアの脆弱性:

« 資格試験 | トップページ | HPの運営費ってどのくらい? »