« カオス・フラクタルCG作品集 | トップページ | マンデルブロー集合 CG作品(1) »

2009年3月20日 (金)

整数比の直角三角形

春分の日で休みなので、ぼーっとしていたら、NHK教育テレビで「数学基礎」という番組をやっていた。テーマは「ピタゴラスの定理」で、辺の長さの比が3:4:5の直角三角形が紹介されていた。そのあと、「他にも5:12:13というのがあります」と聞いて驚いた。私は知らなかったのだ。さっそく電卓で確かめてみると、確かに5×5+12×12=13X13=169でピタゴラスの定理が成り立っている。そこで、他にもあるかも知れないと急に思いついて、C言語でプログラムを作って調べてみた。すると、あるはあるは、どんどん出てくるではないか。今の今まで知らなかった。まだ胸がドキドキしている。

【プログラム】※倍数のチェックなし(3:4:5の倍数6:8:10や30:40:50なども表示される)

#include <stdio.h>
void  main( )
{
    int   a,a2,b,b2,c;

    printf("\n**整数比の直角三角形を探す**\n");

    for( a=1; a<=100; a++ )
      {
        a2=a*a;
        for( b=a; b<=100; b++ )
          {
            b2=b*b;
            for( c=b+1; c<=100; c++ )
              {
                if ( a2+b2==c*c )
                  {  printf("\n%d:%d:%d",a,b,c); }
              }
          }
      }
}

|

« カオス・フラクタルCG作品集 | トップページ | マンデルブロー集合 CG作品(1) »

C言語」カテゴリの記事

数学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カオス・フラクタルCG作品集 | トップページ | マンデルブロー集合 CG作品(1) »