« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年7月

2009年7月26日 (日)

アンティーク風 手作りコイルモーター

Antiquemotor01Antiquemotor02Antiquemotor03 真鍮の4cmの釘を支柱にして、大きめのアンティーク風コイルモーターを作ってみた。日本橋でいかにも古そうなシーソースイッチを売っていたので、これを買って取り付けた。バルク品なのか新品なのに25円だった。箱は板材を切って組み立て塗装した。中は引き出しになっていて、電源の単3乾電池と取替用コイルを入れている。取っ手がまっすぐ付いていないのが情けない。磁石はスチールの枠がついていて雰囲気が出ないので、白黒のかっこいいテープで包んだ。スイッチを入れるとカラカラ回り出して、見ていて飽きない。凝っている割には使い道のない物だが、コイルを少し調整するだけで回転方向が変わったり、不規則な動きをしたり、たいへん微妙な物であることがよくわかる。これまで気にもしなかったモーターが、じつはすごい物だったのだと思い知った。

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火)

簡単ゲルマニウムラジオ

Gradio001Gradio002Gradio003  ゲルマニウムダイオード2個とクリスタルイヤホン、ビニール線のアンテナをユニバーサル基板にハンダ付けしただけの、超カンタンゲルマニウムラジオ。東大阪の自宅では、NHK第2放送がとても良く聞こえる。増幅なしのクリアな音質に心が癒される。もっとも良く聞こえるのは、アンテナ用のビニール線を電話機の上に置いたときだ。ADSLモデムに触れさせてもきれいな音が聞こえる。選局はできないが、NHK第1がかすかに聞こえることがあり、同時に2つの放送を聞くことができる。

 作り方は、まずユニバーサル基板に、カッターナイフで裏表から切り目を入れておき、ペンチで割り取る。しっかり切り目を入れておけば、あっさり割れる。そこにダイオード、アンテナ線、クリスタルイヤホンをハンダ付けする。黄色いのがアンテナ線で長さは1mだ。線が切れないよう、緑色のカラーワイヤとホログラムテープで固定してある。また、絶縁と金属部分の保護を兼ねて、マニキュアのトップコートを両面に塗った。アンテナ線の先も絶縁のため緑色のホログラムテープを巻き付けておいた。

Gradio004Gradio005Gradio006 市販の小物ケースの側面をカッターナイフで切り取り、ラジオ本体を収納する。ラジオ全体は、クリップが入っていたケースに収納して完成。電源がいらないので、非常用にもなる。

 このラジオは、情報産業専門学校の電子工作の時間に作るはずだったが、ブレッドボードで組み立てて、さあ聴いてみようとみんなでいろんな物にアンテナを接触させてみたが、何にも聞こえない。近くにNHK奈良放送局があるはずなのに、不思議だ。全員がっかりだ。帰って調べてみたら、AM放送局は生駒山と金剛山のはるか向こうにある堺市だった。その後学校でいろいろ試してみたが、AM放送を聴くことはできなかった。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »