« 2009年9月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月19日 (火)

手作りLEDライト

Ledlight001Ledlight002Ledlight003Ledlight004 単4乾電池2個と5φ白色LEDで、LEDライト(懐中電灯)を作った。ケースは100円ショップで売っているもので、単3乾電池がピッタリ入るサイズだ。電池ばねを入れると、単4乾電池がほぼピッタリ入る。

カットしたユニバーサル基板に、LED、スライドスイッチをハンダ付けし、ビニール線とスズメッキ軟銅線で配線する。(まちがえてマイナス極に赤線をハンダ付けしてしまった)。透明ケースにスイッチ用の穴をあけ、配線されている電池ばねを透明両面テープで接着する。基板には、スペーサーとして丸形クッションを4分割したものを貼り付けた。ケースに基板をセットし電池を入れたら完成だ。

こう書いてしまうと簡単そうだが、電池ばねやスイッチの配線は間違いやすい。ケースに組み込む前に、ショートしていないか、正しく点灯するか必ずチェックしておこう。

このLEDライトは手の平サイズで、とても使いやすい。LEDの部分に穴をあけていないので、ケース全体が光ってとてもきれいだ。去年の10月に作ってだいぶ使ったが、電池はまだ替えていない。

| | コメント (0)

簡単手作りUSBファン

Usbfun201Usbfun202Usbfun203 5VのDCブラシレスファンにUSBケーブルを接続して、USBファンを作った。ラメ入り樹脂で塗装し、配線をまとめ、足として丸形クッションを両面テープで接着して完成だ。

実際に使ってみると、音も振動もなく回り続けるが、風力は強くない。ブラシレスモーターは長寿命だから、安心して使える。去年の10月に作り、ずっとモデムとルーターの冷却に使っている。

thunder配線が捻れたりして被覆が剥がれると、ショートして過剰な電流が流れます。USB端子に接続してもファンが回らない場合は、配線がショートしている可能性があります。USBケーブルとの接続部分にポリスイッチを入れることで、過剰電流が流れたときに電流が遮断され、パソコンへの悪影響を防ぐことが出来ます。参考:「手作りUSB扇風機(Z型)」

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年2月 »