« 0の0乗について | トップページ | ミニ天体模型/月,地球,火星 »

2014年9月12日 (金)

マイナス掛けるマイナスはプラスの理由

掛け算は足し算のくり返しである。
例えば
   2+2+2+2+2 = 2×5 = 10
というように、同じ数の足し算をまとめたものが掛け算である。

ならば負数の場合はどうだろう。
   (-2)+(-2)+(-2)+(-2)+(-2) = -2×5 = -10
負数を「借金」と考えると、わかりやすいだろう。
上の例では、「借金」が 5 つ増えて 5 倍になっている。

掛ける数が負の場合はどうだろう。
   2×(-5) = -10
を例にして考えてみよう。

5 倍するというのは 5 回足すということだが、-5 倍するとはどういうことだろう。
プラス倍は足し算だから、マイナス倍は引き算と考えられる。
つまり、上の例では 2 を 5 回引くということになる。
5 回引くためには、式の前に省略されているものを明示する必要がある。
   0-2-2-2-2-2 = 2×(-5) = -10
マイナス 5 倍とは、つまり( 0 から) 5 回引くということなのだ。

それでは、負数同士の掛け算はどうなるだろうか。
   (-2)×(-5) = 10
を例にして考えてみよう。
この式を引き算に展開すると
   (-2)×(-5) = 0-(-2)-(-2)-(-2)-(-2)-(-2)
となる。
(-2) を引くということは「借金 2」を減らすことだから 2 増えることになる
   (-2)×(-5) = 0-(-2)-(-2)-(-2)-(-2)-(-2)
               = 0+2+2+2+2+2
               = 10
となって、結果はプラスになる。

まとめていえば、マイナスの数にマイナスの数をかけるというのは、「借金」を引き算することだから答えはプラスになるのである。

|

« 0の0乗について | トップページ | ミニ天体模型/月,地球,火星 »

教材」カテゴリの記事

数学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0の0乗について | トップページ | ミニ天体模型/月,地球,火星 »