« PICkit3用 書き込みアダプター製作/PIC16F887用 | トップページ | 木星衛星エウロパの模型 »

2016年4月23日 (土)

PICkit3用 書き込みアダプター製作/PIC12F629,PIC12F675他用

40ピンのPIC16F887用のPICKit3書き込みアダプターを作った日、よく使う12ピンのPIC12F629やPIC12F675用の書き込みアダプターも作った。汎用のアダプターが2,000円くらいで販売されているので、買った方が安いと思うが、専用のアダプターならPICを載せるときに向きだけ注意すればいいので、ミスの多い私には安心だ。

Pic11

書き込みのピン配列が同じ、18ピンまでのPICに使える。
QIコネクタでケーブルをつくり、基板側はハンダ付けしている。電源はエネループ4個だが、取り外し可能なので、他の電源も使える。

Pic12

基板の表を拡大した様子。

Pic13

基板の裏側を拡大した様子。だいぶ前から在庫していた基板を使ったので、ハンダののりが悪かった。

Pic14

PIC12F629にLED点滅プログラムを書き込んで、ブレッドボードでテスト。見事点滅。
PIC16F887は3Vで動作しなかったが、こちらは3Vでちゃんと点滅した。
プログラム用のC言語を、CCS-C(ミッドレンジ用)に変えたので、かなり複雑なプログラムも作れそうだ。

|

« PICkit3用 書き込みアダプター製作/PIC16F887用 | トップページ | 木星衛星エウロパの模型 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PICkit3用 書き込みアダプター製作/PIC16F887用 | トップページ | 木星衛星エウロパの模型 »