« 冥王星の模型 | トップページ | 0の0乗について(2) »

2017年12月20日 (水)

0乗,1乗,2乗,べき乗について

普通、3の2乗は次のように書く。
 3=3×3
この式は実は省略されていて、丁寧に書くと
 3=1×3×3
と表されるべきだ。
1に3を2回乗じるから3の2乗なのである。
計算結果は同じでも、式の意味はまったくちがう。
3の1乗は、1に3を1回乗じるということだ。
 3=1×3
3の0乗は、1に3を0回乗じるということ、つまり乗じないということだ。
 3=1
1のかけ算や割り算は、式を書くときに省略するので話がややこしい。
0乗が1になることを理解できないのはそのためだ。
べき乗とはそういう演算なのである。
はじめからこのように教えてもらえば、すぐ分かることなのに。
過去の記事
0の0乗について
0乗は1の理由=1に何も掛けないから

|

« 冥王星の模型 | トップページ | 0の0乗について(2) »

数学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冥王星の模型 | トップページ | 0の0乗について(2) »