工作

2016年10月21日 (金)

冥王星の模型

Meiousei

NASAジェット推進研究所(JPL)の冥王星地図から作成した5cmの模型です。

作り方説明付きの型紙を事務所の惑星模型サイトで無料公開しています。

http://saeki-ce.xsrv.jp/kyouzai/wakuseimokei.html

| | コメント (0)

2016年10月14日 (金)

木星衛星エウロパの模型

Europa001

木星の第2衛星エウロパの地図を、NASAジェット推進研究所(JPL)からダウンロードし、5cm用舟形図を作成して模型をつくった。

作り方説明付きの型紙を事務所の惑星模型サイトで無料公開しています。

http://saeki-ce.xsrv.jp/kyouzai/wakuseimokei.html

| | コメント (0)

2016年2月13日 (土)

土星の衛星ミマス模型

Mimasmokei

NASAのジェット推進研究所が公開しているミマス地図から作成した、直径5cmの模型です。スチロール球に舟形図型紙をのり付けすれば完成しますが、小さいミマスの凸凹感が出ないので、つま楊枝の後ろなどでクレーターを凹ませ、リアルな感じを出しました。完成後に絵画用の定着スプレーをかけておくと、紙の劣化が防げます。
型紙(舟形図)は事務所の教材ページからダウンロード出来ます(無料)。
http://saeki-ce.xsrv.jp/kyouzai/wakuseimokei.html

| | コメント (0)

2015年12月30日 (水)

ソーラー充電式LED点灯回路(CL0116使用)

大阪日本橋のデジットさんで、LEDコントローラ CL0116(50円) と太陽電池(420円)、マイクロインダクター330μH(25円)を購入して、充電/点灯回路を作ってみた。

明るいときは、太陽電池からニッケル水素電池に充電される。(下の写真)

Cl01160

太陽電池に当たる光を遮ると(暗くなると)、LEDが点灯する。(下の写真)

Cl01161

CL0116は優れものだ!! これがあれば、簡単に常夜灯が作れる。

Cl01162

上の写真は、ブレッドボード回路を拡大したところ。中央の黒い4本脚のICが CL0116で、その後ろにある緑っぽい円筒形の部品がマイクロインダクター。LEDは電圧を気にすることなく直結できる。素晴らしいICだ。

| | コメント (0)

2015年2月15日 (日)

ミニ天体模型/月,地球,火星

Tentaimokei001_2

100円ショップなどで売っている直径5cmのスチロール球に、オリジナル型紙を貼り付けて作ったミニ天体模型。型紙は、パブリックドメイン(著作権なし)として公開されている天体表面の地図を加工した舟形図だ。舟形図作成のプログラムはC言語で作成した。

写真では型紙の継ぎ目やシワが目立つが、作るたびに上達して継ぎ目やシワがほとんどないものを作れるようになった。インクジェットとトナーでは質感がまったくちがう。火星はインクジェットで印刷した方が、実物に近いように思う。

型紙は、事務所の教材ページで公開しています。

http://saeki-ce.xsrv.jp/kyouzai.html

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

月の模型 ミニ月球儀

5cm著作権がパブリックドメインになっている月面地図から、舟形図を作成し実際に月の模型を作ってみた。月面地図は、米国の月探査機クレメンタインのデータによるもので、ウィキペディア コモンズからダウンロードできる。元の画像はあまり大きくないが、直径20cmの模型でもじゅうぶんきれいだ。

舟形図作成のプログラムは、C言語で3時間位かかって作った。元の画像を縦に12~24等分しながら、幅を緯度の余弦(cos)に縮小していけばよい。赤道は縮小なしで南北の極は幅0になる。プログラムはコマンドプロンプトから地図のファイル名と分割数を入力し、舟形図のビットマップファイルを出力する。

Funagatazu

このまま印刷して、糊代をつけて切り取って組み立てると、少しカクカクしてはいるが、ちゃんと球体になる。しかし、きれいに作るためには芯になる球体が必要だ。うまいことに、100円ショップで10cmと5cmのスチロール球を売っている。とくに5cmは4個入りでお買い得だ。20cm球は、東急ハンズで1000円弱で購入した。

球体に貼り付けるためには、しかるべき寸法で印刷する必要がある。例えば10cm球用なら幅は31.4cmでなければならない。そのために、ワープロ(一太郎)に画像枠のサイズを指定して舟形図を貼り付けると、ぴったりの型紙ができる。Wordでも可能だろう。貼り付けるときに中心線がほしいので、ワープロではなくCAD(花子)を使って、図形の両端に目印の黒丸が入った型紙を作った。

写真は、最小の5cmスチロール球を使った超ミニ月球儀だ。少ししわが目立つ。20cm球は24分割にすると、ほとんどしわにならずにきれいに仕上がる。

作り方説明付きの5cm用型紙(PDFファイル)を、事務所サイトの教材ページからダウンロードできる。
http://saeki-ce.xsrv.jp/kyouzai.html

| | コメント (0)

2013年11月10日 (日)

星の12面体~不思議な黄金比の立体~

1201

カラーアルミのワイヤーで正五角形に内接する星型(五芒星)を12個作る。それらをモチーフとして正12面体を組み立てると、キラキラ輝く美しい星の立体ができる。五芒星(中の正五角形がないので五稜星)は黄金比を数多く含む不思議な図形だ。それを組み立ててできる立体は、見る角度により正三角形や正方形ほか様々な図形が現れる。金属光沢により、図形がいっそう明瞭に見えて美しくとても不思議だ。

1210

1211

1212


作り方は以前の記事で紹介しているが、モチーフの接着には瞬間接着剤が適しているようだ。うまく作るコツは、星型の寸法を正確に作ることだ。
★以前の記事★ 「ワイヤーで作る正12面体模型(星のモチーフ)」
下の写真はステレオグラムになっているので、立体感を味わうことができる。
(上は平行法、下は交差法)

121_2

122

| | コメント (0)

2012年12月25日 (火)

ワイヤーで作る正12面体模型(星のモチーフ)

Hosi121Hosi122

Hosi123

Hosi124

Hosi125

針金で星のモチーフを12個作り、それらを組み立てて正12面体の模型を作った。星形の1辺の長さは1cmにした。
正五角形のワイヤー・モチーフで正12面体模型をつくる方法はこちら。
正五角形のモチーフは辺と辺をつないで組み立てたが、星形のモチーフは頂点と頂点を接着して組み立てる。
作り方は次のとおり。
●針金を10cmに切ったものを12本用意する。
●出来るだけ正確に1cmずつ印を入れ、山・谷と交互に折っていくと自然に星形になる。形を整え始点と終点を接着剤で留める。(瞬間接着剤がよい)
●モチーフが12個できたら、5つのモチーフを横につなぐ(扇形になる)。
 接着剤は、セメダインやボンドのような、すぐに固まらないものがよい。
 息をかけると早く固まる。ある程度固まったら、両端を接着して輪にする。
 輪の狭い方の5つの頂点に、モチーフを接着する。これで半分ができた。
●同様のものを、残りの6つのモチーフで作る。
●固まりきらないうちに、ゆがみ等を修正し出来るだけ正しい形にする。
●最後に半分ずつの各頂点を接着すれば、1個の12面体が完成する。
●ひずみ等は、接着剤が固まってしまう前に調整する。余分な接着剤をピンセットで除去して、きれいに仕上げる。
1辺が1cmの星形だから、12面体の1辺は約√3cmになる。
実際には辺のところにワイヤーはないが、隣り合う頂点の距離を測って確認してみよう。
見る角度を変えると、いろんな形が現れてとても不思議だ。

| | コメント (0)

2010年5月31日 (月)

簡単 ワイヤーで作る正12面体模型

12mentai01_2 針金で正五角形を12個作り、それらを組み立てて正12面体の模型を作ってみた(1辺2cm)。使用した材料は、フラワー用ワイヤ(白)、カラーワイヤ(青、緑)、工具は物差し、鉛筆、ニッパー、先細ペンチだ。

作り方は次のとおり。

●フラワー用ワイヤに2cmずつ鉛筆で印を入れ、10cmの所でニッパーで切断する。この10cmのワイヤで、1辺2cmの正五角形が1個できる。ワイヤー1本で3個分取れるので、12個作るためには4本のワイヤーが必要だ。

●2cmの印の所を、直角より少し広いめに先細ペンチで折り曲げていく(実際の角度は108°)。4回曲げると、だいたい正5角形の形になる。

●12個の正5角形モチーフを、辺と辺を合わせてカラーワイヤーで留めていく。ここが一番難しい作業だ。カラーワイヤーは、先に1.5cmくらいに切っておくと楽だ(辺の数だけ、つまり30本)。カラーワイヤーを巻き付けるのは、少しコツがある。まず真ん中で1回巻いて、片方ずつ先細ペンチでしっかり巻いていく。きっちり密着して巻くときれいに仕上がる。ここは練習あるのみだ。

●全部の辺を留めると、自然に正12面体の形になる。強度もあって、床に落としてもバウンドするくらいだ。

12mentai02 12mentai03 12mentai04 出来上がった模型を観察してみると、色々なことがわかる。まず平行な2つの面は向きがずれている。見る角度によって、輪郭が正10角形に見えたり、6角形に見えたりする。色々な部分の角度を予想・計算してみて、実際に測ってみるのも面白そうだ。

| | コメント (2)